Tel:088-602-4388
受付時間:午前10時~午後5時
Heart In Life Sumiyoshi

morino

高齢化に伴い、身体の機能低下や老化による物忘れや認知症が始まるケースが増えてきます。いつまでも元気で長生きをして、万が一病気になっても家族がそばにいて医療の専門家に安心のあるサポートを受けられる状況でいてほしいと思うのが家族というものです。

しかしながら現実には核家族化が進み、高齢者だけの世帯や一人暮らしの世帯がふえつづけています。こうした核家族化がもたらす高齢者ひとり暮らし世帯の増加や、老人介護による家族への心身に与える過剰な負担、同居家族が労働するための時間の確保など、ご本人や家族全体のバランスに不和が生じることで生活の質が低下することが起こっています。

長年、地域医療に携わってきた私達医師が一律のサービスを提供するのではなく、介護スタッフと連携をとった医師や医療スタッフの見地での予防医学や健康維持、また健康向上によるご本人とご家族の方々の生活の質の改善を安全、且つ効果的に提供することが必要だと考えております。

ご入居者さま、ご利用者様、其のご家族の方々の生活の質を高めサポートしていけるようスタッフ一同全力で取り組んでいきます。

私たちは、「高齢社会」を「幸せに、幸福に、齢を重ねる社会」「幸齢社会」にしていくことを願い、実現していきます。

法人理念「私たちは皆さまのお役に立ち喜んでいただけることを創造し続けます。」

医療法人青志会・理事長
もりの医院・院長 森野 訓明


higashi

平成10年 愛媛大学医学部卒業
平成10年 徳島大学第一内科入局
以後、徳島県立中央病院研修医、徳島赤十字病院医師、徳島県立中央病院消化器科医師をへて
平成16年末に結婚、退職し医療法人青志会 医師として勤務。
現在は3児の母として介護、医療に携わっている。
平成16年より体にやさしい医療として、東洋医学をみつめなおしています。
また、認知症患者さまやその御家族の介護の日々を多数お伺いするうちに認知症診療の重要さも実感しております。西洋薬(アリセプト、メマリー等)や漢方薬(抑肝散等)のみならず、サプリメント(フェルガードやLR未、DHA等)も含め診療に役立てつつ治療しております

もりの医院・副院長 東照代